ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

弥治郎こけし村

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月8日更新

弥治郎こけし村

 令和3年11月6日(土曜日)、7日(日曜日)に「弥治郎こけし村まつり」を開催いたします!

 

【日時】令和3年11月6日(土曜日)・7日(日曜日) 10時00分~15時00分

【主催】弥治郎こけし業協同組合・(一社)白石市観光協会

【内容】

伝統こけし工人による実演販売や地元こけし工人による展示販売会を行います。普段は、中々見ることのできない作品や、こけしを製作している様子をご覧いただけます。

他にも、地元物産業者による販売会や、豪華景品が当たるお楽しみ抽選会が行われます。

入場料は無料です。皆さんお誘い合わせのうえ、ぜひお越ください。

※ご来場の際は検温・マスクの着用・手指消毒等、新型コロナウイルス感染症の感染対策にご協力ください。

【招待工人】

盛美津雄工人(津軽系)

早坂利成工人(鳴子系)

半澤正則工人(中ノ沢こけし)

 

詳細は弥治郎こけし村のSNSや、(一社)白石市観光協会のHPに随時掲載されますので、そちらをご覧ください。

【弥治郎こけし村】

Twitter:https://twitter.com/Mq9wH2BeLAxioYd

Instagram:【公式】弥治郎こけし村(@yajiroukokesimura) • Instagram写真と動画

ブログ:https://ameblo.jp/yajiroukokeshimura/

【白石市観光協会】

しろいし旅カタログ(白石市観光協会ホームページ):https://shiroishi.ne.jp/

電話番号・Fax

0224-26-3993

所在地

福岡八宮字弥治郎北72-1

開村時間

4月~10月まで   午前9時~午後5時
11月~3月まで   午前9時~午後4時

休村日

毎週水曜日(祝祭日の場合は、翌平日、2月は無休で開村)
年末年始は12月29日~1月3日まで

入場料金

無料
絵付け体験有   700円(木地代含む、電動ろくろ使用の場合は1,000円)

こけしの供養

割れてしまったり、傷ついたなどの理由で鑑賞出来なくなったこけしや、不要となったこけしの供養を受け付けております。                                                                                                                                                          供養料 1口1,000円                                                                                                                                                                                                                                                                                                                詳しくは弥治郎こけし村までお問い合わせください。

交通

白石ICより車で約15分
白石蔵王駅より車で約20分  

ECサイト

弥治郎こけし村のECサイトができました!

 こちらからお買い求めいただけます。→弥治郎こけし村ECサイト

弥治郎こけし村あれこれ

弥治郎は不忘の山すその谷あいに抱かれた小さな木地師の集落です。言い伝えによると、新山家の祖先で弥治郎という人が、現在の山形県からやってきて住み着いたのが集落の始まりだとされています。しかし、歴史的に調べてみると、山林を開墾することによって江戸時代の初期に成立した集落のようです。

仙台藩内で最初に木地挽きが行われたのは現在の七ヶ宿湯原でした。今から400年も昔、天正年間だと記録に出ています。弥治郎の木地挽きはこの七ヶ宿木地業の流れをくむものと思われます。

弥治郎こけし村の写真 

弥治郎のこけし

弥治郎こけしの特徴は、ベレー帽のように彩られたろくろ模様の大きな頭と、ろくろ模様が多用された胴体にあります。はじめは子ども向けの玩具として作られていたものでしたが、現在は観賞用として収集され、大人の目を楽しませてくれています。

明治時代の中頃までは原始的な二人挽きろくろを用いて作られましたが、現在はモーターを利用したろくろで作られます。弥治郎こけし独特の模様も、手で描くものから、ろくろ模様が多く取り入れられるようになり、今日の型ができあがっていきました。

弥治郎のこけしの写真

弥治郎と鎌先温泉