ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て支援サイト > 一時預かり事業、ファミリー・サポート・センターの無償化

一時預かり事業、ファミリー・サポート・センターの無償化

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月29日更新

対象のお子さん

  • 白石市内に住所があり、3歳の誕生日以降最初の4月1日から小学校入学前までのお子さん
  • 白石市内に住所があり、市民税非課税世帯で3歳の誕生日の年度の3月31日までのお子さん
    (誕生日が4月1日のお子さんは、3歳の誕生日の前日まで)

無償化の内容

利用料無料
(月額上限は3歳以上以上37,000円、0~2歳42,000円)

保育の必要性の認定(※)

必要
※ 共働きなどの理由により、保護者が家庭で子どもを保育することが困難であるため、保育園などの施設での保育が必要であるとの認定を受けること。詳しくは保育の必要性の認定要件をご覧ください。

認定・給付手続き

  • 保育の必要性と給付の認定が必要
    ※在園児の方などで既に認定を受けている方は申請書の提出不要
  • 利用料を一度支払っていただき、後日市に申請した後還付

他の教育・保育サービス等との併用

  • 上限額の範囲内で認可外保育施設などを利用する場合は併用でも無償化対象
  • 通園している幼稚園の預かり保育が国の基準を満たさない場合は、上限(※)の範囲内で併用可能ですが、基準を満たしている場合は、幼稚園の預かり保育のみ無償化の対象
    白石市では、国の基準を満たしている第二幼稚園、認定こども園ひかり幼稚園の預かり保育を利用した場合は併用不可
    ※ 上限:450円×利用日数、月額最大11,300円(3歳の誕生日の前日からその年度末の場合16,300円)
  • 障がい児通所施設などは給食費を除き併用でも無償化対象

その他注意事項

  • 保育の必要性の認定を受けていないリフレッシュなどでの利用の場合は無償化の対象外
  • 給食費、キャンセル料は無償化の対象外
  • ファミリー・サポート・センターの場合、預かりと併せて利用される送迎は無償化の対象ですが、送迎のみの利用は無償化の対象外

白石市内で無償化の対象となる一時預かり事業、ファミリー・サポート・センターの公示

幼児教育・保育の無償化において、白石市が施設等利用費の支給に係る施設または事業として確認済の子ども・子育て支援施設等のうち一時預かり事業とファミリー・サポート・センターを、施設等の名称毎にお知らせいたします。

白石市南保育園

所在地

白石市南町一丁目7番20号

提供者の名称

白石市

確認年月日

令和元年9月2日

施設等の種類

一時預かり事業

しろいしファミリー・サポート・センター

所在地

白石市字本町27番地

提供者の名称

白石市

確認年月日

令和元年9月2日

施設等の種類

子育て援助活動支援事業