ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 新型コロナウイルス感染症 感染症対策・経済対策について > 感染症対策 > 感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染急拡大に伴う本市の感染防止対策について

新型コロナウイルス感染急拡大に伴う本市の感染防止対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月27日更新

 マスコミ等でも報道されているとおり、1日当たりの新規感染者数がこれまでの最多となるなど、宮城県における新型コロナウイルスへの感染が再拡大・急拡大しています。また、今回の再拡大は、これまであまり感染が確認されていなかった10代前半や10歳未満の年代が多いことが特徴です。
 このことにより、本市では1月26日に「白石市新型コロナウイルス感染症等に関する対策本部会議」を開催し、感染の急拡大への対応を以下のとおり決定しましたのでお知らせします。
 市民の皆さまには、まだワクチンを打つことができない子どもたちの健康を守るためにも、また受験を控えている中学生・高校生の将来を守るためにも、本対応についてご理解とご協力をいただきますよう、お願いいたします。

市関連施設

 ■児童・生徒への感染拡大防止対策を徹底するため、以下の施設については2月28日まで対策を実施します。

利用を休止する施設(1月29日から)

  • 小中学校体育館、白石中学校武道場(校庭、旧南中・旧白川中・旧斎川小学校の体育館は利用可)

高校生以下の利用を制限する施設(1月27日から)

  • ホワイトキューブ(一般開放)

■施設利用時の感染拡大防止のため、以下の施設については1月29日から2月28日まで市外の方の利用を制限します。

  • 城東コミュニティーセンター
  • 城北コミュニティーセンター
  • 鷹巣コミュニティーセンター
  • 移住交流サポートセンター「109-one」(交流スペース・会議室)

※その他施設については、引き続き感染防止対策を徹底して通常どおり開館いたします。

※ただし、感染リスクが高く、クラスターの発生が確認されているカラオケなどの発声・歌唱を伴う利用については、制限を設けます。

※その他、各施設において個別に利用制限等を設けている場合がありますので、詳細については各施設にお問い合わせください。
(県外との不要不急の移動を避けるため、利用を宮城県民に限定している施設もあります。)

※子どもたちの健康を守るため、保護者の皆さまは、お子さまの施設利用に当たっては慎重にご検討ください。