ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民生活課 > 令和元年10月14日(月曜日)以降の家庭ごみの収集について

令和元年10月14日(月曜日)以降の家庭ごみの収集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月13日更新

家庭ごみの収集について

令和元年10月14日(月曜日)以降の家庭ごみ収集については、以下のとおり収集いたします。

※通常どおりの排出ルールに従い、排出してください。

※台風19号の影響により、通常時よりごみ収集の時間帯が遅くなる可能性があります。

※一部の集積所については、交通事情により、収集できない可能性があります。ご了承ください。

 

地区収集状況
地区別収集状況
東北本線東側・田中通常どおり収集可能
東北本線西側通常どおり収集可能
福岡・小原福岡地区:通常どおり収集可能 
小原地区:14日(月曜日)の収集は行いません。17日(木曜日)より、通常どおりの収集予定です。
越河・斎川・大平通常どおり収集可能
不忘・川原子通常どおり収集可能
大鷹沢・白川・小下倉・鷹巣通常どおり収集可能

 

〈排出の注意〉

  • 台風19号の影響によって発生した災害ごみ(畳、がれき、布団など)は、ごみ集積所へ絶対に排出しないでください。災害ごみは、旧白川中学校の仮置き場まで搬入願います。
  • 台風19号の影響によって大量に生じた「稲わら」は、例外として袋(袋の指定はありません。)に入れたうえで、ごみ集積所 への排出を受付いたします。
  • 「稲わら」の処分には、ボランティアごみ袋の利用も可能です。希望者には、生活環境課にて無償で配布いたします。