ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

白石市小原地区特認校制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

白石市小原地区特認校制度

  従来、児童・生徒が通学する学校は、住んでいる住所により市町村教育委員会が指定する小学校・中学校と決まっています。通学区域制度の弾力化により、本市においても特認校制度を採用することにより、従来の通学区域は残したままで、特定の学校について、通学区域に関係なく、どこの市町村内からでも就学を認めることができるようになりました。
 本制度によって特認校に指定された小学校・中学校は保護者や本人の希望があれば、学区外に住んでいる児童・生徒を受け入れることができるようになります。本市では、平成20年度から小原小学校と小原中学校が小規模特認校に指定され、小中併設校として新たなスタ-トを切りました。転学に関する申請や学校見学は随時行っていますので、詳しくは学校管理課または特認校までお問い合わせください。

小規模特認校児童生徒募集について

申請は白石市教育委員会学校管理課で随時受け付けます。
学校見学につきましては、各特認校へお問い合せください。

  • 小原小学校  0224-29-2026
  • 小原中学校  0224-29-2027

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)