ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農地の転用

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月24日更新

農地転用

 農地の転用とは、農地を宅地や山林、資材置き場や駐車場等農地以外のものに変更する行為をいいます。農地を農地以外のものに使用する場合には農地法第4条・第5条の許可が必要となります。

農地法第4条(自己転用)

 農地の所有者自らが農地以外に転用する場合、市の農業委員会を経由して、県知事または農林水産大臣の許可を受けなければなりません。
 申請者は農地の所有者です。

農地法第5条(転用目的の権利移動)

 農地を農地以外のものにする目的で、権利移動(所有権移転、賃借権設定等)する場合、市の農業委員会をを経由して、県知事または農林水産大臣の許可を受けなければなりません。
 申請者は農地の所有者と転用事業者の両方になります。

農地法第4条・第5条許可申請に必要な書類

提出書類等必要部数備考
4条5条
農地法第4条許可申請書3部  
農地法第5条許可申請書 4部 
土地登記簿謄本2部2部法務局大河原支局、原本写しを提出して下さい。
位置図(住宅地図等の写し)2部2部申請地を赤枠等で表示して下さい。
公図の写し2部2部法務局大河原支局、申請地を赤枠等で表示して下さい。
建物の配置図2部2部取水・排水図を含みます。
建物の平面図2部2部建床面積の記載のあるもの
事業計画書2部2部 
融資・残高証明2部2部すべての事業に必要(平成29年4月申請分から) ※一般住宅や駐車場も
文化財の関わり証明2部2部生涯学習課(中央公民館内)で申請下さい。文化財の有無にかかわらず必要です。
賃貸借契約書の写し 2部 
取水・排水同意書2部2部水利組合(必要な場合)
土地改良区の意見書2部2部土地改良区(必要な場合)
戸籍の付票2部2部登記簿謄本の住所と現住所が異なる場合。原本と写しを提出して下さい。
法人登記簿謄本2部2部原本写しを提出して下さい。
法人定款2部2部写しを提出して下さい。
議事録2部2部取締役会の議決が必要な案件、原本と写しを提出して下さい。
その他の必要な書類2部2部