ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > デジタル推進課 > 一部窓口支払いにおけるキャッシュレス決済の試験導入について

一部窓口支払いにおけるキャッシュレス決済の試験導入について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月25日更新

キャッシュレス決済の試験導入を開始します

 キャッシュレス決済は、利用者の利便性向上に資するものであり、国を挙げて推進している施策です。また、接触機会を低減することによる感染症拡大防止施策としても注目を集めており、導入する自治体が増えています。
 市では、令和3年9月28日にPayPay株式会社と「公共施設の使用料等のバーコード等決済に関する協定書」を締結し、一部窓口支払いに関して、キャッシュレス決済サービスの一つであるQRコード決済「PayPay」の試験導入を実施することとしました。

試験導入の目的

 公共施設・市役所窓口でのキャッシュレス決済において、窓口業務における課題の洗い出しや利用者ニーズの調査を実施し、今後のキャッシュレス決済の導入可否、種類、手法等の検討を行います。
 また、必要に応じて、試験導入を実施する公共施設・市役所窓口の追加を検討していきます。
 なお、キャッシュレス決済のうちQRコードによる決済は、決済用端末等の新たな機器調達が不要であり、安価に試験導入を実施することが可能となっています。

利用できるキャッシュレス決済の種類

 PayPay、LINE Pay

対象窓口および対象手数料等

 税務課窓口
  諸証明発行手数料および閲覧手数料
  試験導入の期間は令和3年11月1日から当面の間とします。

ご注意ください

 事前に、ご自身のスマートフォンへ「PayPay」アプリ等のダウンロードが必要です。
 (アプリのダウンロード方法は、PayPayのホームページ等をご確認ください。)
 領収書は発行できません。領収書が必要な方は、現金でお支払いください。
 窓口でのチャージはできません。
 現金とキャッシュレスの併用はできません。

アンケートにご協力ください

 市役所窓口・公共施設でのキャッシュレス決済の導入に関するアンケートを実施しています。
 ご協力をよろしくお願いいたします。
 なお、アンケートに回答いただく方は、白石市役所窓口や市内公共施設を利用する方(例:市内在住の方、市内事業所勤務の方)とさせていただきます。

  アンケートへの回答フォーム または 下記QRコード から回答してください。(「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。)

  QRコードの画像
  

スマートフォンアプリによる水道料金や市税等のお支払いについて

 スマートフォンアプリによる水道料金や市税等のお支払いについては、こちらをご覧ください。