ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > 株式会社TBM 立地協定締結式

株式会社TBM 立地協定締結式

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月6日更新

平成26年2月6日、白石市および宮城県は、株式会社TBMと工場建設に係る立地協定を締結いたしました。
株式会社TBMは、ストーンペーパーの輸入・販売を手掛けてきましたが、より高品質の製品を製造する技術を開発し特許を取得。経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業にも採択され、白石市に国内初のストーンペーパー製造工場を建設することになりました。

協定の概要

立地場所:白石市大鷹沢三沢字前輪 地内
土地面積:約1ha
協力支援:工場建設への協力および支援
雇用確保:従業員の確保への協力および地元雇用への配慮

東北工場の概要

建築面積:約2,800平方メートル
従業員数:約30~40人
完成予定:平成26年秋

協定書への署名を行う、村井宮城県知事、山崎株式会TBM社代表取締役社長、風間市長
協定書への署名を行う、村井宮城県知事(左)、山崎株式会TBM社代表取締役社長(中央)、風間市長(右)。

三者で握手を交わしている様子
三者で握手を交わし、今後の協力体制を確認。

株式会社TBM白石工場の完成予想模型とストーンペーパーLIMEXを使った製品サンプルの展示写真
株式会社TBM白石工場の完成予想模型とストーンペーパー「LIMEX」を使った製品サンプル。